特に多い吐き気の話|トリキュラーなどプライベートなお薬をお手軽に買うには

トリキュラーなどプライベートなお薬をお手軽に買うには

沢山の白いカプセル

特に多い吐き気の話

いくつか副作用について紹介してきましたが、トリキュラーを服用して多くの人に見られる副作用が「吐き気」になります。
特に初めてトリキュラーを飲む人は吐き気の症状に驚いてしまうかもしれませんので、ここで吐き気に関する話をしておきたいと思います。

まずトリキュラーによる吐き気は軽いつわりみたいなもので、ほとんどの人は吐き気が来てしまっても吐かずに済みます。
だから吐き気が襲ってきてもそこまで心配しすぎることはありません。
ただしそれでも人によってはそのまま吐いてしまうことがありますので、そこは注意しておかなければいけません。
また吐き気に合わせて胃がムカムカするような症状も場合によっては出るようです。

ではなぜ吐き気が出てしまうのか。
そこにはトリキュラーに含まれるエストロゲンとプロゲステロンが大きく関わっています。
これらのホルモンがトリキュラーによって体内に含まれることにより、濃度が一時的に上昇してしまいます。
特にエストロゲンについては嘔吐中枢を刺激する作用があるので、濃度が高まると同時に吐き気が出てくるわけです。
またプロゲステロンはインスリンの働きを悪くしてしまいますので、そこから血糖値が下がりにくくなります。
しかしインスリンは血糖値を下げようとするので、プロゲステロンによって大量のインスリンが分泌されるようになります。
結果として低血糖状態になり中枢神経が刺激され、吐き気につながるのです。

ちなみに吐き気の対象方法ですが、気になる人は酔い止め薬を一緒に飲むようにしましょう。
軽度の吐き気だったらこれでかなり改善されます。
あとは食後にトリキュラーを飲むようにしてください。
食べ物が体内にある状態だったら、吐き気も起こりにくくなります。